FC2ブログ

記事一覧

ダチョウの世間話2・虎対談

 二羽のダチョウが、とある虎徒話しています。 *とある虎・戸田の話「俺は昔、盗人稼業に精を出してたんだ……。だが、ある日、巧妙な虎(トラ)ップに引っかかっちまってな、これに懲りて、稼業から足を洗うことにしたんだ……。もう虎(とら)ん。……なんつって」 *二羽のダチョウの答え「ダジャレかよ!……あのさ、お前みたいなのが来ると一番困るんだけど。……え?『ああ、済まねぇ。いまのは、ダジャレが言いたいがための嘘だ。...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・1

 *この物語はフィクションです。作中に登場する人物名や地名等は、現実のものとは一切関係がありません。 *この物語は『バルセロナ・テンペスト』の続編です。 一章 雷雲・1 マカオ国際空港に着き、空港から一歩外に出たとたん、まるでそれを待ちかまえていたかのように雨が激しく地面を叩き始めた。「……不吉な」 これから大仕事が待ち受けていることを薄々予感していた私は、つい、そんなセリフをつぶやいた。 雨に遅れ...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・2

 一章 雷雲・2     * ユンも凪も知る由もなかったが、シオウとショージがいる大阪も激しい雷雨に見舞われていた。「ひどい雨だな」 アヤセとかいう『餓鬼』のメンバー(自称ショージの秘書、であるらしい)が運んできた茶を啜り、シオウは、ぼやくような声を出した。ユンから一報を受け、別の用事を大慌てで済ませて台湾から大阪に飛んできたのである。さすがに、疲れていた。「何、ほんの通り雨でしょう。すぐに、やむ...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・3

 一章 雷雲・3 ジューダスは、懐から白い封筒を取り出し、私に向かって差し出した。「これが、老人からエレーナ・ムラカミにあてた手紙です」「確かに」 と私は受け取った封筒を一回顔の前にかざしてから、カバンにしまい、「花束の方は、何でもいいのか?」「いいですよ。お任せします。そんなものは、ただの口実に過ぎないんですから……」「ジューダスは、エレーナ・ムラカミに会ったこと、あるのか?」 と私は、自分が人生...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・4

 二章 歌姫とサイレンス・1 途中、アメリカでのトランジットを含めて丸一日以上の時間をかけ、『ガレオン国際空港』に到着したときには、私は、くたくたに疲れ果てていた。さすが地球の裏側、ブラジルは遠い。 そして、暑い。 ブラジルは、真夏であった。日本もマカオも上海も冬だったのに。「凪、そのティーシャツ、よく似合ってるぞ」 からかうような口調でユンが言う『ティーシャツ』とは、アメリカの空港で急いで買った...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・5

 二章 歌姫とサイレンス・2 困ってユンを見ると、「……しっかりしろ、名探偵!……まあ、じゃあ、とりあえず奪い合いになっていた土地というのを見に行ってみるか?」 と、あきれつつもアドバイスしてくれたので、私たちはそうすることにした。「ここが、そうです」 とエンゾが案内してくれた場所は、有名な『コパカバーナ・ビーチ』が遠望できる白亜の豪邸であった。 周囲はホテルや各種店舗が軒を連ねている中、そこだけぽっ...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・6

 二章 歌姫とサイレンス・3  シオウは、「お前がちゃんと前方を見ていなかったから悪い」というタクシードライバーの言い分をカワタに、カワタの「急に割り込んできたお前が悪い」という言い分をタクシードライバーに伝えながら、カワタに観察の目を光らせた。 平服姿のせいか、一見して傭兵とは、わからない。さすがにいい体をしているが、どちらかというとスポーツマンといった風情の男である。(いい兵士なんだろうが、議...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・7

 三章 It's a Beautiful day・1 ユンと凪(とサイレンス)が、マナウスにあるアマゾナス劇場で、エレーナ・ムラカミの歌を聴いている頃、サンパウロのジュンギの居宅を訪れた者がある。『イワサキ』という名のその日本人は、現在は『C.O.B.』に所属する傭兵であるのだが、かつては、『餓鬼』のボスであった男である。 かつて、ユンとシオウ(と凪)と手を組んだショージによって、その座から追い落されるまでは。「悪い知らせ...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・8

 三章 It's a Beautiful day・2 その男は電話をしながら歩いており、「例の件だが……」という日本語が漏れ聞こえてきたことから、日本人であるらしいことが察せられたが、問題はそこではない。(すげぇマッチョ!) であることが、シンの興味を強く引いた。 シンとて一応戦士の端くれである。(あのマッチョ、飾りじゃねぇな……) ということは、一目で見抜けた。いわゆるボディ・ビルダー的肉体美を目指した結果のマッチョで...

続きを読む

リオデジャネイロ・ライジング・9

 三章 It's a Beautiful day・3「ねぇ、凪さん……」 ユンたちの英語の会話を聞くともなしに聞き流していると、ふいにエレーナが話しかけてきたので、私は若干あわてた。「は、はい、何でしょう?」「いやだ、緊張しないで」 私の『あわて』を『緊張』と解したらしいエレーナは、慈悲深い笑みを浮かべてみせ、「凪さんたちは、しばらくブラジルに滞在する予定なんでしょう? よかったら、明日にでも『アマゾン・ツアー』にでも...

続きを読む

プロフィール

ふじきよ なお

Author:ふじきよ なお
FC2ブログへようこそ!
オリジナル長編小説中心の小説ブログ。長編小説『リオデジャネイロ・ライジング』完結。『ダチョウが空を飛んでいる』ぬるりと連載再開。どうぞごゆるり……。

*人気ブログランキング(他サイトに飛びます↓)。

人気ブログランキング

*FC2ブログランキング(ランキングサイトへ飛びます↓)。

ブログURL
http://datyokiyo.blog.fc2.com/

最新コメント