FC2ブログ

記事一覧

ダチョウの世間話2・ハシビロコウ対談

 二羽のダチョウが、とあるハシビロコウと話しています。 *ハシビロコウの橋田の話「……スランプで執筆が滞って幾星霜。いま、サバンナ中をさ迷いながら構想を練っているが、……ひょっとしてこのまま永遠にさ迷い続けることになったらどうしようって不安でいっぱいです……」 *二羽のダチョウの答え「へぇ、あんた作家なんだ、すごいじゃん。……え?『前作の評判が良すぎて、逆にプレッシャーを感じている』……?……前作って何書いた...

続きを読む

武将の世間話2・ハシビロコウ問答

 二人の武将が、とあるハシビロコウと話しています。 *とあるハシビロコウ・橋田の話「私、さ迷える作家なんですがね、次回作は歴史大作に挑戦しようかと考えつきましてね? よければ、現役の武将であるお二人に、いろいろ取材させていただきたいんですが……」 *二人の武将の答え「面妖な鳥。……しかし、拙者、取材など受けたことがないので緊張するでござるな。して、そなた、いかなる作品を……?……え?『サバンナが原』? 西...

続きを読む

ダチョウの世間話2・ミナミコアリクイ対談

 二羽のダチョウが、とあるミナミコアリクイと話しています。 *とあるミナミコアリクイ・南野の話「俺は、あらゆる武術をマスターした最強のミナミコアリクイだ。さらなる強敵を求めて道場破りをして歩いてるんだが、どこかに、いい猛者がいないもんかねぇ……」 *二羽のダチョウの答え「へぇ、お前、そんなに強いのか。そうは見えないけどなぁ。……え?『自覚している。何故なら道場へ突入するたびに、「かわいい~!」と喜ばれ...

続きを読む

武将の世間話2・ミナミコアリクイ問答

 二人の武将が、とあるミナミコアリクイと話しています。 *とあるミナミコアリクイ・南野の話「強敵を求めてさ迷うこと幾星霜……、どういうわけか戦国時代にたどり着いてしまったぜ! まあ、そんなこんなで何はともあれ、武将ども、いざ尋常に勝負!」 *二人の武将の答え「……かわいい~! なんだ、この愛くるしき生き物は!……え?『かわいいって言うんじゃねぇ! 力がぬけるじゃないか!!』? な、なんだ、どうしたでござ...

続きを読む

ダチョウの世間話2・レッサーパンダ対談

 二羽のダチョウが、とあるレッサーパンダと話しています。 *とあるレッサーパンダ・佐田の話「俺は、レーサーのレッサーパンダだ! 俺の走りは音速を超えるぜ! 史上最速の男……それ、すなわち、俺!」 *二羽のダチョウの答え「へぇ、お前レーサーなの?……でも、俺らもスピードには、ちょっと自信あるんだぜ。何だったら、勝負してみる? するの?……よーし、負けねぇぞ! よーい……どん!……て、アレ? おいおい、お前、何...

続きを読む