fc2ブログ

記事一覧

モスクワ・ターゲット・40(完)

 最終章 夢追う者たち・3 結局、ビドロと話して得た情報は、さほど多くはなかったが、少なくともビドロは、セロ王子の問いかけに終始従順に答えており、急に襲いかかってくるような素振りを見せることはなかった。 もっとも、この点については、「実際にリッヒ姫が現れて号令をかければ、どうなるかわかったものじゃないが……」 とユンが指摘する通りであり、さらには、「でも、リッヒ姫には、いまビドロが何処にいるか、知る...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・1

 *この物語はフィクションです。登場する人物名、地名、建築物の名前等、現実のものとは一切関係がありません。 *この物語は、『ドバイ・イミテーション』の続編です。 プロローグ ドバイから、モスクワへ。 ドバイでの案件が一応終了して、二週間後、モスクワにも支店を持つ『ブルーリゾート・ホテル・グループ』のオーナーであるチャン・ハオラン氏及び中国政財界の妖怪こと『例の老人』協力のもと、私はようやくのように...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・2

 一章 Reconnect・1「仕事が多すぎる」 と私はハオランさんが撮影してきてくれたクネイル首相の秘書の変死現場の写真を見ながら、ぼやいた。 ハオランさんは、クネイル首相の秘書らしき男性がホテルの一室で変死していると知るや、自ら現場に行って写真など撮ってきてくれたのである。 その後、駆けつけた警察の現場検証にも立ち会った(というか、実際にはちょっと強引にのぞき見してきたようであるが)というハオランさん...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・3

 一章 Reconnect・2『あの……、このこと、ユンに知らせてやらなくていいんですか?』 いま、日本担当のはずのユンがモスクワに来ているが、友人の仕事の手伝いというぎりぎりの言い訳を用意している上、その友人というのがビッグ・ボスと決して浅くはない間柄であるらしいので静観するように、という説明をテオからされたヨンは、そう気をつかった。 彼にしてみれば、いろいろと問題行動の多いらしい(という噂を耳にしている...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・4

 一章 Reconnect・3 この時点で、エサルはクスパという存在を知らなかったので、当然男はリデア王国人で、おそらく軍人ではなく政治関係者臭い、とみて、(こいつか……)と見当をつけたのであったが、すぐに声をかけることはせず、まずは少し離れたところから様子をうかがった。 実はクスパだったその男は、明らかに緊張しているようで、しきりに両手をこすり合わせたり、かと思うとこすり合わせた両手をスーツのポケットに突...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・5

 二章 ロシアの城下町・1 シュウイチの雇い主が私たちに会いたがっている、という。 相談のため、ユンに顔を向けると、「どうするかは、凪に任せる」 と言われたので、私はシュウイチの方に顔を向け直して、「行くよ」 と、うなずいた。たぶん、シュウイチの雇い主とやらが私に危害を加える可能性があるのならば、シュウイチが私を迎えに来るはずがない、と信じたかったのだと思う。「よかった。じゃ、僕の車で行こう? 帰...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・6

 二章 ロシアの城下町・2 私は……ダメだこいつは話にならねぇ、と思ったのであったが、その時、ユンが口を挟んで、「レベジェフって名前には聞き覚えがあるな」「……ロシアじゃ、別に珍しくもなんともない名前だからな」 要するにレベジェフであるらしい男は、急に慎重な感じになって、そう答えた。(ひょっとして、ユンは、この変人のことを知ってるんだろうか?) 私は、そう察しをつけつつユンの横顔を探り、次いでシュウイ...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・7

 二章 ロシアの城下町・3 ディデスのみるところ、十分ありそうな話である。 クネイル首相がクスパを秘書として使っているのは、自分の敵対勢力たちの動きをそれとなく監視するためで、マコッタ会の面々も、そのことには既に気づいているはずである。(クスパがリデア王国のルビア王子と手を組んでクネイルを殺害しようとしたことは、マコッタ会の連中にとって寝耳に水のことだったのだろう。しかも、失敗しているし。それなの...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・8

 三章 隠れた敵・1 死んだクスパの代わりとして現れたのは、かつてロサンゼルスで敵だったゴルドアの部下であるディデスであったらしい。 というエサルのつかんだ情報を、私はホテルに戻って主にシオウの口から聞いた。「えぇっ、ディデスが来てるの?」 と、そういえば、ロサンゼルスで一度も直接会わなかった、あのときは敵だった人物の名を驚きをもって口走りつつ、次いで、「……その話、まだ終わってないの?」「人間って...

続きを読む

モスクワ・ターゲット・9

 三章 隠れた敵・2 ところで、アレハンドロの問いに対するユンの返事は、「ゴルドアには言っておいたが、ゴルドアからは、そのこと、ディデスには告げないでほしい、と言われた。既に引退している自分と違ってディデスはまだ現役だ、そのディデスが駐米アルドバドル大使館襲撃事件の犯人と、そうと知っていながら手を組んでいたということが他人に知れると厄介なことになるからって」 なるほど、相変わらずゴルドアは部下思い...

続きを読む

プロフィール

ふじきよ なお

Author:ふじきよ なお
FC2ブログへようこそ!
元教師の女私立探偵と傭兵たちの冒険譚を描く長編小説のシリーズを中心にお送りするブログ。最新作『モスクワ・ターゲット』完結。

*人気ブログランキング(他サイトに飛びます↓)。

人気ブログランキング

*FC2ブログランキング(ランキングサイトへ飛びます↓)。

ブログURL
http://datyokiyo.blog.fc2.com/

最新コメント